福岡市東区香椎千早で神経系(自律神経・体性神経)を専門に調整する鍼灸整体院です。

あやすぎ鍼灸・整体院


起立性調節障害の施術

起立性調節障害 OD (中学2年生 女子 13歳 福岡市東区)
kiritusei higasiku.jpg
7月上旬から通院していただいている女子中学生の患者様のケースです。
 
4月の終わりから始まった、体育祭の練習で倒れてしまいました。
その後、こども病院で詳しく検査を受けられ「起立性調節障害 OD」と
診断されていらっしゃいます。
 
この患者さんの症状としては・・
●夜が寝付けない
●朝が起きれない
●ひどい生理痛
●めまい、立ちくらみ
●胃腸の不快感
●副鼻腔炎
●蛍光灯を眩しく感じる
●だるい
●動くと息切れをする
 
●左足首、左ふくらはぎの痛み
 
かなりたくさんの症状があり、学校に登校することもできませんでした。
 
患者さん本人に詳しくお尋ねした後は、お母様にもくわしくお尋ねしていきます。
既往歴や体質のことなどを教えていただきます。
 
お母様のお話し、患者さん本人のお話しから自律神経とくに副交感神経の働き過ぎが
一番影響しています。「起立性調節障害」の子の症状のほとんどは、副交感神経の働き過ぎがありますので
当院ではまず副交感神経の働きを抑制しつつ、今一番困っている症状を緩和していく施術をしていきます。
 
まずは患者さんの手をお借りして、腹診をしていきます。
下腹部、みぞおちなどに本人もビックリの圧痛があります。
この痛みが生理痛にも関係しています。
 
そして今回は、当院の施術が初めてですので、まずは井穴刺絡をしていきます。
先ほどの、下腹部・みぞおちの痛みを変化改善させるために、左F1右F2左右F3
などをして、再度腹診をするとお腹の圧痛がなくなり、患者さんのまたビックリです!
「起立性調節障害」の症状や生理痛は副交感神経の働き過ぎですので、H5F5をして
副交感神経の働きを抑えていき、自律神経のバランスを整えていきます。
初診はこれで終わりです。
 
7月8日に2回目の施術にお見えになりました。
前回の施術からのお身体の変化の様子をお尋ねしていきます。
もちろん起立性調節障害は自律神経の乱れが原因ですので、1回や2回の施術で急に変化改善することは
少ないです。
 
前回の施術後は
くしゃみ、鼻づまり、頭痛が日によってでたり出なかったり、
朝は辛いようです。
 
良くなった点は胃の調子がとてもよいとのことです。
そして少し元気になったような気がするそうです。
今回の施術でも少しずつ素敵な変化を集めていきます。
 
今日1番気になる部分は、目のまぶしさです。
蛍光灯を直視できないくらいまぶしいそうです。
 
起立性調節障害は自律神経の乱れが原因ですが
自律神経失調症の症状には「まぶしく感じる」という症状があります。
瞳孔は、目の中に光をどれくらいいれるか調節していますが、それを管理しているのは自律神経になりますので
まぶしく感じてしまう原因は、自律神経の乱れにより瞳孔の調節が上手くいってないのです。
 
さて今回は、全身の神経のバランスを整えるアクティベーター療法からしていきます。
akutei.jpg
そして次にパラファゴンでお体を温めていきます。
parafagonn.jpg
5分程、お休みいただき、腹診をしていくと下腹部に痛みがありますので、
まずは左右F3、右F2に井穴刺絡をして、再度腹診をすると下腹部の痛みがなくなりました。
施術中は目が眩しいので、お顔にタオルを置いて施術をしていきます。
次に副交感神経の働きを抑える左右H5F5をしていくと・・・・目の眩しさがなくなりまし。
seiketusiraku.jpg
今回はこれで終了です。
 
8月に入ってからは、生理痛が和らいだり、朝も7時10分から30分の間で起きることが
できるようになってきました。またお友達の家に遊びに行ったり、人が多く集まる商業施設に
行ってもめまいや立ちくらみを感じることがなくなってきました。
 
また日常生活では、ご本人や御家族様の努力がかかせません、なるだけ副交感神経の働きを抑制し
交感神経を働かせるような生活の仕方などをアドバイスさせていただいております。
 
症状には波がありますが、この調子で行けば2学期は学校に登校できる日が増えていくと
私は考えています。
 
起立性調節障害(OD)は自律神経の乱れとくに副交感神経の働き過ぎが影響しています。
 
なんらかの原因で自律神経の働きが乱れ、特に朝に副交感神経優位から、交感神経優位に変化しますが、ここが上手くいかないために朝起きることがつらくなり、ついつい眠りすぎてしまい、そして切り替えがずれる為に交感神経優位の状態が夜まで続くので今度は眠れなくなるという悪循環を繰りかえしてしまいます。
 
起立性調節障害は、「さぼり」「なまけ」ではありません。むしろまじめで、周囲の事を考えている優しいお子さんばかりです。
 
 
7月・・・6回
8月・・・4回
9月・・・4回
10月・・・4回
11月・・・5回
12月・・・1回
1月・・・2回
2月・・・1回
 
施術を重ねるごとに、症状は緩和していき、また回数も減ってきました。そして学校にも1日登校できる日が増え始め、現在では一週間のうち1日休むくらいになりました。また運動することが苦手でしたが最近ではダンスや犬の散歩にも行くようになり
10月位まで、お祖父様のお車で登下校していましたが、今では歩いて登下校しています。
 
現在は月1回~2回の施術にお見えになられています、もちろん完璧ではありません、定期試験の勉強の時や、対人面で何かあった時などは生理痛や寝つきが悪くなることもあります。
 
鍼灸施術や整体で、自律神経の働きを整え(副交感神経の働き抑制させます)そして日常生活でもバランスを整えていく生活(御家族様にもご協力いただきます、私も一緒に頑張ります!)で症状は変化改善していきます。
 
お子様が起立性調節障害でしたら福岡市東区の神経系(自律神経・体性神経)専門調整院のあやすぎ鍼灸整体院にご相談ください。

※鍼の痛みは、ほとんど気にならないくらいのものですが痛みは個人差がありますので痛みに過敏なお子様や血をみると気分が悪くなるようなお子様は当院の施術が難しいかもしれません。
 

 
 

あやすぎ鍼灸・整体院のご案内

住      所:
〒813-0013 福岡県福岡市東区香椎駅前2-15-3 稲光ビル301号
アクセス:
JR香椎駅   徒歩5分
西鉄香椎駅 徒歩2分
お問い合わせ・ご予約
092-681-2600
受付時間:
10:00~20:00(休憩13:00~14:00)
【土・日】17:00まで 
 
定休日:
毎週木曜日

 サイト管理者 代表:洲崎 公治

メールでのお問い合わせ



あやすぎ鍼灸・整体院の口コミをもっと見る

ページ上部へ